• ホーム
  • カーネステン膣錠の効果を得るには適切な使い方を覚えよう!

カーネステン膣錠の効果を得るには適切な使い方を覚えよう!

病原体

厄介な病気であるカンジダを治療する薬にはカーネステン膣錠と呼ばれるものがありますが、これは膣内に感染したカンジダにとても効果が高い治療薬として人気があります。優れた効果を発揮してくれる治療薬ではありますが、正しい使い方を理解して使用することができないと、本来得ることができるはずの効果が得られないので注意しなければなりません。カーネステン膣錠の効果を確実に発揮してカンジダを治療したいのであれば、適切な使い方を覚えることが大切だと言えます。

カンジダ膣炎にカーネステン膣錠を用いるのであれば、1日1回就寝前にこの治療薬を膣内に挿入するようにしてください。挿入する方法は、手や患部を清潔にしておき、指の上に置いた錠剤を指で届く最も奥の部分まで押し込むだけです。強く入れてしまったり爪が伸びていたりすると膣内を傷つける恐れがあるので、優しく行うことが大切ですし、爪が長いようであれば事前に処理しておきましょう。就寝前に膣内に治療薬を入れておけば、寝ている間に効果が発揮されるので、これを6日間ほど繰り返します。継続することで効果が得られるので、症状が改善されてきたと感じても最後まで治療薬を使い続けることが大切です。

カーネステン膣錠を使う時に注意しておかなければならないことの1つには、生理中には使用することができないというものがあります。生理中に使用しても成分が押し出されてしまいますし意味がないので、生理と重なってしまうことがないように使用しなければなりません。もし途中で使用を中断してしまうと、また初めからやり直しになってしまう可能性があるので医師に相談しなければならないことになるでしょう。

確実に効果を発揮させるためには、他の部位に症状がないかどうか確認しておくことも大切だと言えます。膣内以外に外陰部に症状がある場合は外陰部に効果がある治療薬を併用しないと効果的に治療することができないので、膣内と外陰部の症状を併発していないか調べておくことが大切です。外陰部にも症状があるのであれば、膣錠だけではなく塗布薬も用いるようにしなければならないでしょう。

カーネステン膣錠はとても有効性が高い治療薬ですが、使い方を間違えてしまうとカンジダ症をしっかりと治すことができません。カンジダ症を治すために正しいカーネステン膣錠の使い方や注意点を理解しておくようにし、正しい知識を持った状態でカーネステン膣錠を利用するようにしてください。