• ホーム
  • トリコモナス原虫が引き起こす性病の特徴と正しい対処法は?

トリコモナス原虫が引き起こす性病の特徴と正しい対処法は?

トリコモナスは性行為以外の経路でも感染することがある病気なので誰でも感染する恐れがあることを理解し、この病気になってしまった時に備えて正しい知識を持っておくことが大切だと言えます。これを発症すると厄介な症状に大変な思いをすることになるので、感染した時に適切な行動を起こすことができるように病気の特徴と正しい対処法を理解しておくようにしてください。

原虫が体内に侵入することでトリコモナスを発症しますが、男性が発症した場合は尿道に違和感を覚えたり、軽い排尿痛を感じたり、尿道から膿が出たりするようになることが多いと言えます。女性の場合は外陰部や膣に強い痛みやかゆみを覚えるので排尿がしづらくなることが多いですし、おりものにも変化が現れるはずです。おりものは黄色や緑色っぽい泡状のようなものになってしまいますし、臭いも腐った魚のような臭いになることが多いと言えます。感染者の20%から50%ほどの人は症状を感じないことがあるようですが、女性の場合は強く症状が出やすい傾向にあるようです。

トリコモナスに感染してしまった恐れがあるのであれば、この病気であるかどうかを検査して適切な治療が受けられるようにしなければなりません。この病気には原虫に効果がある治療薬を用いることで対処しますが、最も多く用いられる治療薬にはフラジールと呼ばれるものがあります。これにはメトロニダゾールが配合されており、原虫の体内に入ったメトロニダゾールはニトロソ化合物に変化することで、原虫を構成しているDNAらせん構造を不安定にさせるので、原虫を退治することが可能です。DNAらせん構造を不安定化されてしまった生物は生き続けることが難しいので、トリコモナスをしっかりと退治することができます。

排尿痛などの厄介な症状を引き起こしてしまうので、トリコモナスに感染した恐れがある時は一刻も早く治療を開始することが大切だと言えるでしょう。病気の特徴や正しい対処法を知らなければ、病気を見過ごしたり症状を悪化させてしまったりする可能性があるので注意してください。原虫が引き起こす病気の特徴と対処法を知って、いざという時は素早く適切な対処を行うことができるようにしておきましょう。トリコモナスは性行為がなくても誰でも感染する病気であることを理解し、自分だけではなくパートナーや家族、小さな子供などが感染しないように正しい情報を共有することも大切だと言えます。